TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター
BOOK English|英語 便利ツール 英語

【TOEIC】はじめてでも600点突破!TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター


TOEICを受けるために勉強した本の紹介。
私の場合、あまり自由時間に勉強したくないというワガママな性格です。。。そもそも、TOEICを800点とると会社から金一封がもらえるという下心があるので、頑張れるのかもしれない。自分のためにという意識高い系の気持ちや憧れもあり、スキルアップも兼ねて勉強をしてみた。以前、勉強せずにTOEICを受験、結果は600点付近とやや微妙なラインだった。英語は昔から得意っていうか、結構好きな教科で映画も好きなので、英語はそれほど苦手ではなかった。もう少し、700点くらい行くんじゃないと思っていたけど文法が全然苦手で、点数がかなり悪かったので、文法用の参考書を購入した。ただ、勉強は自由時間を使いたくなかったので、基本は電車の通勤時間を利用したスキマ時間でゆっくり気ままに勉強した。通勤時間は朝の45分だけ。電車は急行を利用しないで各駅停車で座席争奪戦を戦い抜き、毎回座っての真剣勝負。電車以外では全体しないというのを徹底したい。電車で勉強となるとA4サイズでは大きすぎるので、単行本サイズを探しました。

『はじめてでも600点突破!TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター』
TOEICに必ず出る厳選330問。短期完成8日間でマスター。はじめてでもPart5で満点がとれる。
600点突破への近道!新形式・IP・TOEICテスト対応。

TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター

これに決定!スピードマスターシリーズ250万部突破!ってすごいなと思い、本屋さんで手に取りました。
理由は、ちょうどよいサイズで最短・最速で文法力がつくとのこと。その他には、音声もダウンロードできるというサービス精神モリモリのこの『はじめてでも600点突破!TOEIC(R)TEST必ず☆でる文法スピードマスター』。
優れものです!!その他にも以下のような特徴が満載。

ココが違う!6つの特徴
①コンパクトな新書サイズ。持ち歩いてスキマ時間に学習できる。
②必ず☆でる良問ぞろい。コンパクト・サイズに330問を収録。
③4つの選択肢をフル活用。最短・最速の文法チェックが実現!
④試験に必ず☆でるテーマ別で構成。要点を確認しやすい。
⑤問題のどこを見れば速く解けるのか。TOEIC連続満点講師の着眼点がすべてわかる。
⑥すべての問題文・語彙チェックの音声ダウンロードサービス付。

これらの理由を述べられるとなんか凄そう!って気になるね。この辺がこの参考書のウリだってことだな。
そもそも、TOEICって読む量が多くて問題を解く時間が毎回なくなる。PART5なんて10秒前後で各設問を解く必要があるので、問題をたくさんこなすことで、体で覚える的な問題の解き方のセクションです。ただ、TOEICの新形式で嬉しい?ことに、問題数が40問から30問に減ったので、数が少なくなった分、長文読解が増えているので、今までどおりに時間をかけずに完了したいところ。
この著書には、各設問の解く目標タイムも記載されている。その目標タイムを目指して特訓。勉強の流れは、基本問題を説いて解説を確認、パワーアップ演習で地盤を固めるという流れ。設問の解説も丁寧でわかりやすいです。設問の選択肢は間違いやすい項目でも、パワアップ演習で、それぞれの回答の選択肢別の例文があるので、丸暗記するように頑張る。TOEICは時間勝負なので、体で覚えたいですね。一通り完了するのに、通勤電車のみの学習で1週間程度。それを繰り返し繰り返しの3ターンしました。
いざ、TOEIC試験当日。やたら、待たされるというのがあまり好きでないですが、我慢して試験を受けた。

受験料が5,725円って高くない!?
みんな頭良さそう!?
前の前の席の子かわいくない!?

という雑念を振り払い、ヒアリング試験開始。耳を澄まして聞き取る。ヒアリング終了と同時に、part5へ。そして全て終わる。。。感覚的にはかなり解けたと思った。時間との戦いなので、参考書と同じような問題があったかは、覚えてないがスラスラいけた気もする。結果としては、780点までスコアを伸ばせました。あと、20点で800点。道のりは長いですな。。。

とほほ。